« 洗濯機の音を聞きながら | トップページ | 朝日を待ちながら »

告白

ついに、我慢の限界に達しました。

あまりにも怒りが込み上げてきたので、

言いたかった事を、部誌に書きなぐってきました。

私がずっと甘い顔をしてると思うなんて、大間違い。

いい加減にしてほしいものです。



何故、こんなにも私が怒っているのか…

今日は普段通り、部活が行われるはずでした。

4限を終え、私は部室に向かいました。

着いたのは、16時30分くらいでした。

待っていると、一通のメールが。差出人はU先輩。

体調不良で部活に参加できない、とのこと。

お大事に、と返信し、私は他の部員を待ちました。

…17時…17時30分…誰も来ません。

5限が終わるのは17時50分。もう少し待とう。

…17時50分…18時…18時10分…やっぱり誰も来ない。

私はU先輩に、確認のメールを送りました。

『今日部活参加について、誰かから連絡受けてますか?』

『オレのトコは何も来てないけど…』

もしかしたら授業が長引いているのかもしれない。

…18時30分…18時45分…19時…

結局、最後まで誰も来ませんでした。



皆が各自すべき事を抱え、日々を過ごしています。

忙しい、というのは皆一緒です。

だからといって最低限の事もしない、というのはどうなのでしょうか?

自分が参加できない日を連絡する、ということは、

非常に大変で、難しいことなのでしょうか?

私には、そうは思えません。

一部員としてこの部活に所属している以上、

せめて主将に一言伝える、というのが常識だと思います。

正直がっかりしました。失望です。

F先輩が引退する時、私はF先輩に、

「私、頑張りますから!」

と宣言しましたが、もう頑張り疲れました。

これ以上、何を私に求めるのですか?

これ以上、私は何を頑張ればよいのですか?

先輩方から「今日は他に誰か来る?」と尋ねられて、

「何も連絡が来てなくて、わからないです。すみません」

「今日は誰も来ません。出席率悪くて、申し訳ないです」

と答えなければならない辛さ、わかりますか?

今まで極力、自分の気持ちを隠してきました。

誰かが気付いてくれることを信じて…

しかし、直接言わなければわからないようですね。

フェンシングが大好きだからこそ、

この部活が大好きだからこそ、

私はあえて、メールではなく部誌に書いたのです。

何かを感じ取ってくれること願っています。



明日から12月です。

土曜、日曜のL.Aは先輩の代理として、

責任を持って役目を果たしてくるつもりです。

部員の意見を聞く事もできないまま参加するのは、

とても大きな不安がありますが…



L.Aから帰ってきても、

今の私には、部活に行きたいという気持ちは全くありません。

今後どうなるかはわかりませんが、

まずは、L.Aに行ってきます。

|

« 洗濯機の音を聞きながら | トップページ | 朝日を待ちながら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407237/9188297

この記事へのトラックバック一覧です: 告白:

« 洗濯機の音を聞きながら | トップページ | 朝日を待ちながら »